時期 (日付) 催し名
(会場)
出場団体名 曲目 担当パート(楽器) 備考
2004/
1/12

休みの日には音楽家』vol.6
東京建物八重洲ホール(東京駅すぐ)にて  

 
IDEA(イデア) 1. 鉄腕アトム(作詞:谷川俊太郎/作曲:高井達夫/編曲:まな)
2. Duo ubera tua(作曲:Giovanni Pierluigi da Palestrina)パレストリーナ
3. 夢紀行(作詞・作曲:川江美奈子/編曲:松永ちづる)
4. インドの歌〜カレーライスのうた(編曲:松永ちづる)
アルト(2nd) イデアとしては5ヶ月ぶり、生声ステージはGSO・5以来の7ヶ月ぶりという久々ステージ。当日、急遽、思いつきで、歌いながら入場なんてことをやってみた。らしくねー!(笑)でも、おかげで誘わないのに手拍子をいただく!ありがたや!アトムは手拍子を呼びやすい曲のようです。(*^-^)
今の5人体制になって約1年、やっと落ち着いた演奏ができるようになってきた・・・かな?課題はまだまだ山積みだけど、本番での事故が格段に減ったのは事実!(o^∇^o)ノ
2004/
3/21
 
『KVEC(神奈川ヴォーカルアンサンブルコンテスト)』
神奈川県立音楽堂にて 
IDEA(イデア) 「Matona mi a la carte〜IDEAのマドリガル?連発〜」(メドレー)
  つなぎ編曲/まな(と、くちやかましい輩たち)

●演奏内容(年代順です。演奏順ではありません。)●
1)El Grillo<伊> こおろぎ (Josquin des Prez (1440頃-1521))
2)Innsbruck, Ich muss dich Lassen<独> インスブルックよ、さようなら (Isaac, Heinrich(1450頃-1517))
3)Cucu, cucu!<西> かっこう (Encina, Juan del(1468-1529))
4)Il est bel et bon<仏> 私の亭主は美男でお人好し (Passereau, Pierre(1490頃-1547頃))
5)Il bianco e dolce cigno<伊> 白く美しき白鳥 (Arcadelt, Jacob(1505頃-1567))
6)Matona mia cara<伊> いとしのマドンナ (Lassus, Orlandus(1532頃-1594))
7)Now is the Month of Maying<英> 今や五月の季節 (Morley, Thomas(1557-1602))
8)Come Again, Sweet Love<英> 来たれ、あまき恋 (Dowland, John(1562頃-1626))
9)Io mi son Giovinetta<伊> 私は若い娘 (Monteverdi, Claudio(1567-1643))
10)Fair Phyllis I Saw sitting<英> 美しいフィリス (Farmer, John(1600頃))
11)村祭(文部省唱歌) 
アルト(2nd) 久々にコンクールのような審査されるモノに出場!変な緊張感が漂うので、あまり心臓にヨロシクないかも(笑)。
練習に苦労した割には、本番はアッサリ歌って終わってしまい、事故も特にはなかったけれど、逆に可も不可もない演奏だった模様・・・終わってみれば、選外でした・・・(300点満点中277点。あと1点取れていれば銀賞だった!)。残念!
でも、歌い終わった直後にすれ違った見ず知らずの方から「楽しかった!素晴らしかった」と声をかけていただいたりしたし、客席後方ではどよめきや笑いも起こってたもよう(ステージからはわからなかった)。賞を取ることより笑(しょう)を取ることが目的だったはずだから、それは、少しは達成できていたのかも・・・!?(*^-^)

しかし、2名以上20名以下のヴォーカルアンサンブルのコンテスト、と言う割には、指揮者を立てない団が全42グループ中たったの3つ、出場人数が1桁だった団は10あるかないか。フツウの合唱コンクールとどこが違うの?という感は否めませんでした。^^;

2004/
5/3
『戦後の時代を拓いた合唱音楽』
すみだトリフォニーホール(錦糸町)にて
東京カンタート(公募合唱団) 『水のいのち』(作詞:高野喜久雄/作曲:高田三郎)
1. 雨
2. みずたまり
3. 川
4. 海
5. 海よ
アルト(上) 高校時代からずううぅっと歌ってみたかった『水のいのち』。公募合唱団があるのを偶然知り応募!練習回数が少ないから、レベルが高いだろう(自信無い人は来ないだろう)と踏んだら大当たり!臨時にしてはレベル高い大合唱団だった。練習中、感動して泣きそうになったのは生まれて初めて!
2004/
5/4
Th'A cappella!! Vol.3』
関内ホール・小ホール(横浜・関内にて)
IDEA(イデア) 1. 宇宙戦艦ヤマト(作詞:阿久悠/作曲:宮川泰/編曲:今吉亜紀)
2. ヤットデタマン・ブギウギ・レディ(作詞・作曲:山本正之/編曲:今吉亜紀)
3. 鉄腕アトム(作詞:谷川俊太郎/作曲:高井達夫/編曲:まな)
4. 夢紀行(作詞・作曲:川江美奈子/編曲:松永ちづる)
5. Now is the Month of Maying<英> 今や五月の季節 (Morley, Thomas(1557-1602)/訳詞:イデア)
6. インドの歌〜カレーライスのうた(編曲:松永ちづる)
アルト(2nd) 去年に引き続き出てみました。ザッカペラ。去年で懲りて、今年はスタッフにならなkったので、カラオケで声だししてからステージを踏めて、ちょっと余裕がありました♪
なんか、思いのほかメンバーが緊張せず、今まででイチバン落ち着いたマイクイベントだったかも。『ヤマト』は相変わらず好評でしたが『夢紀行』では星が見えた!と言われゴキゲンなまなでした♪
2004/
6/12

GSO 6』
音楽の友ホール(神楽坂)にて

IDEA(イデア) 1. ヤットデタマン・ブギウギ・レディ(作詞・作曲:山本正之/編曲:今吉亜紀)
2. 3宇宙戦艦ヤマト(作詞:阿久悠/作曲:宮川泰/編曲:今吉亜紀)
3. インドの歌〜カレーライスのうた(編曲:松永ちづる)
4. 「Matona mi a la carte〜IDEAのマドリガル?連発〜」(メドレー)6分バージョン
  つなぎ編曲/まな(と、くちやかましい輩たち)
●演奏奏内容(年代順です。演奏順ではありません。)●
1)El Grillo<伊> こおろぎ (Josquin des Prez (1440頃-1521))
2)Innsbruck, Ich muss dich Lassen<独> インスブルックよ、さようなら (Isaac, Heinrich(1450頃-1517))
3)Cucu, cucu!<西> かっこう (Encina, Juan del(1468-1529))
4)Il est bel et bon<仏> 私の亭主は美男でお人好し (Passereau, Pierre(1490頃-1547頃))
5)Il bianco e dolce cigno<伊> 白く美しき白鳥 (Arcadelt, Jacob(1505頃-1567))
6)Matona mia cara<伊> いとしのマドンナ (Lassus, Orlandus(1532頃-1594))
7)Now is the Month of Maying<英> 今や五月の季節 (Morley, Thomas(1557-1602))
8)Come Again, Sweet Love<英> 来たれ、あまき恋 (Dowland, John(1562頃-1626))
9)Io mi son Giovinetta<伊> 私は若い娘 (Monteverdi, Claudio(1567-1643))
10)Fair Phyllis I Saw sitting<英> 美しいフィリス (Farmer, John(1600頃))
11)村祭(文部省唱歌)

5. 故郷〜ふるさと〜(作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一/編曲:松永ちづる)
アルト(2nd) 3回目のGSO。すっかり慣れきってマイペースなステージングが出来た・・・と思います(笑)。
ていうか、正統派の声楽アンサンブル(合唱団寄り)が多かったですよ。そんな中だったから、コンテンポラリーアカペラと声楽アンサンブルの二足のわらじバンドとしての面目躍如ができたかな、と(笑)。
でも、合唱寄りイベントだったからこそなのか、マドリガルメドレーが思いのほか好評で、お客様(出演者の関係者)から「歌ってみたいから楽譜が欲しい」との声が!モノスゴク嬉しい!!!「歌ってみたい」って、究極の誉め言葉だよねぇ???( ̄∀ ̄*)イヒッ
『ふるさと』が、唯一の新曲でした。練習少なかった割にはうまくいった・・・と思います。練習中、なかなかキマらなかったユニゾンもなんとかうまくいったしね!
2004/
7/24

『ミューザ川崎市民合唱祭2004』
ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎)

あ・いであ 1. Dies sanctificatus. 〜祝え、この日を〜(作曲:Giovanni Pierluigi da Palestrina)
2. 白い街〜フィンランディア〜(作詞・作曲:松下耕)
3. はなさかじじい(作詞:石原和三郎/作曲:田村虎蔵/編曲:篠原眞)
アルト上 川崎市合唱祭が、7/1に新しくOPENするミューザ川崎シンフォニーホールで行われるというので出ようよ!と思ったら人数制限が・・・(8名以上)。でも出てみたかったので、強力助っ人を4名加え『あ・いであ』として出場。なんだかすごくうまくいき、講評も褒めちぎられていてご満悦。1回こっきりで終わりにするには惜しい合唱団が誕生しました♪
2004/
10/24
アカペラ公園
JR立川駅北口 サンサンロード(旧都市軸)にて
IDEA(イデア) 1. NOTHING CAN STOP IT NOW〜イントロは宇宙戦艦ヤマト〜(英語詞:Brenda Vaugn/作詞:阿久悠/作曲:都倉俊一/編曲:飯塚真司(改ざん:まな)) アルト(2nd) イデア・念願のアカペラ公園出場!
五朗 1. 恋の季節(作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:ぼぶの友達(;^_^A /改ざん:まな) アルト(TOP) ついに五朗で初ステージ!と思っていたがメンバー揃わず、4人でプレ・デビュー。
2004/
11/3

『AMATURE NIGHT』
ライブハウスWelcome backにて

IDEA(イデア) 1. 宇宙戦艦ヤマト(作詞:阿久悠/作曲:宮川泰/編曲:今吉亜紀)
2. ヤットデタマン・ブギウギ・レディ(作詞・作曲:山本正之/編曲:今吉亜紀)
3. インドの歌〜カレーライスのうた(編曲:松永ちづる)
4. 蘇州夜曲(作詞:西条八十/作曲:服部良一/編曲:卓國公洋)
5. 故郷〜ふるさと〜(作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一/編曲:松永ちづる)
6. Matona mia cara<伊> いとしのマドンナ〜超短いバージョン〜 (Lassus, Orlandus(1532頃-1594))
7.) しあわせもあこがれも(作詞:川江美奈子・貞國公洋/作曲:川江美奈子/編曲:松永ちづる・多胡淳)
8. NOTHING CAN STOP IT NOW(英語詞:Brenda Vaugn/作詞:阿久悠/作曲:都倉俊一/編曲:飯塚真司(改ざん:まな))
9. SING(作詞・作曲:Joe Rapaso/編曲:松永ちづる)
アルト(2nd) イデアの集大成!?
最初で最後のライブハウス・ステージ。
2004/
12/18

A cappella Charity Christmas ! 2004(横浜・岩間市民プラザ ホールにて)

五朗 1. 恋の季節(作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:ぼぶの友達(;^_^A /改ざん:まな)
2. White Christmas(編曲:貞國公洋)
3. 花(作詞・作曲:喜納昌吉/編曲:松永ちづる)
4. アフロ軍曹(作詞・作曲:DANCE☆MAN/編曲:まな)
ソプラノ・メゾ(TOP&2nd) 五朗、ついにでびぅ!
練習の不安をよそに、とても落ち着いた音が鳴り、メンバー一同ビックリ(爆)。